teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ブランド製偽ウェブサイト [bag26.com](0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


DD51機関車を作るその2

 投稿者:タマ  投稿日:2022年 1月11日(火)12時27分14秒
返信・引用
  今回は説明書に従って順番にディーゼルエンジンと流体変速機を組み立てて見ました。組立図の順に従って作って行けば簡単に組立出来ました。実際はもう少し手の込んだ部品ですがとりあえず素作りのみで行っています。後は冷却パイプやバルブ、銅パイプでの配管ですが車体フレームに取付けてから加工して付ける方が楽かと思われるので その段取りで進める事にしましょう。(写真-1) 次に流体変速機ですがこれも複雑な形状ですが殆どモールドで仕上がっているので問題なく仕上がりました。(写真-2)
流体変速機とは普通はち変速ギヤーを使い、その組み合わせを切り替えて回転数は早くしたり減速や変速をしますがこれを油を変速機内に循環させ中にあるタービンを回転させブレート(羽)に吹き付ける油のノズルの位置を変化させて回転数を変える装置です。車のオートマチックと同じ原理です。

 
 

DD51機関車を作るその1

 投稿者:タマ  投稿日:2022年 1月 3日(月)13時08分4秒
返信・引用
  DD51ディーゼル機関車を作るその1
今回アオシマの機関車を作ります。まずパーツの確認をしましたが欠品も無く又、最新のコンピューター制御の金型らしくモールドも綺麗な仕上がりです。説明書も丁寧な指導書になっておりスムーズに製作出来そうですね。私としては追加部品を加工する部分が無いと思わるので、とにかく部品を丁寧に仕上げて作り上げるだけのキットとなりそうなのでその点物足りなくそれが少し贅沢な悩みとなっています。
部品点数が多いので とりあえず説明書通りの順番にそって作ってみたいと思います。まずはレール台の加工からです。 この部品は裏表どちらでも選べる用リバーシブルになっていますので 今回はピット仕様を選んでみました。(写真-1)

 

DD51ディーゼル機関車

 投稿者:タマ  投稿日:2021年12月21日(火)11時10分13秒
返信・引用
  次回はやはりDD51型にしました。1/45なのでも少し大きく細部まで作れる様になっています。そのため パーツはかゆいところまで行きとどいているのであまり手を加える箇所が少なく作り手としては物足りない感じがします。作業の内容としては部品のバリ取りとこまめに塗装の塗り分け、それと外観の塗装をいかに綺麗に仕上げるかが重要な課題かな(これは私にとっては最も苦手な部分です)パッケージの写真を入れましたがD51の模型よりかなり大きな箱です。
 作り方としては説明書の順にそってすすめて行けば簡単に作れそうですが部品点数が多いので時間をかけてじゅっくり作り入めば長期間模型作りが楽しめそうですね。手を加える箇所としてはエンジン部分の配管位でしょうか、それとやってみたいキャドの作図もあるのでそれと並行して楽しみたいと思っています。
 

D51なめくじ型を作り終えて

 投稿者:タマ  投稿日:2021年12月 9日(木)11時21分9秒
返信・引用
  D51なめくじ型を作り終えて・・・・
半年以上かけて作り終えたD51機関車ですが今思えば「あの部分はこの様に加工すれば良かった」とか「この部分は材質を他の材質にすれば良かった」など後から知恵が湧いてくるもので、それがモデラーの宿命なのでしょう。思えば「ムサシノモデル」の作品にあこがれて突き進んできましたがプロの作品の様には中々うまく行きませんでした。金属の質感はやはりプラでは重量感を出すのは私には無理だったようです。でもあの様な素晴らしい作品にめぐり合えた事に感謝しています。
あらためてメーカーのサイトを紹介しておきます。

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E3%83%A0%E3%82%B5%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%ABC57

次回の作品はまだ絞り切れていませんがアオシマDD51が良いかと思っています。サイトで作り方を参考にしようと見ていますが、でも1/45のスケールだとあまり手を加えて工作する部分が少なすぎます。只、部品を丁寧にヤスリ加工して仕上げる位しかなく物作りの楽しさが半減しそうです。アオシマEF66の電気機関車も出ていますが作りごたえからすればディーゼル機関車の方が良いのかと 色はオレンジ色がいいですね。蒸気機関車の様に外観のメカニックがむき出しのスタイルからすればわたしには少し物足りない感はぬぐえないかも・・・・
 それでは又このサイトでお会いしましょう
 

蒸気機関車を作る最終回写真

 投稿者:タマ  投稿日:2021年12月 2日(木)11時53分50秒
返信・引用
  今回で「なめくじ型」機関車の記事を終わります。
第2回目の記事で写真を拡大したものを再転載しました。次回の記事は今のところ何にするかは決まっていませんが とりあえず今まで作り上げた機関車の部品の気に入らない部品の再加工を先行させたいと思っています。
 

蒸気機関車を作る最終回

 投稿者:タマ  投稿日:2021年12月 2日(木)11時49分50秒
返信・引用
  写真a  

蒸気機関車を作るNo.30

 投稿者:タマ  投稿日:2021年11月21日(日)10時17分56秒
返信・引用
  今回は初期発表記事の写真を少し容量の大きいものを2回に分けて入れておきたいと思います。「今回は蒸気機関車を作るその1」です。

それと前回発表したイラストC62型の一部線(作用管)が抜けていましたので再度転載し、C57型の同じような角度の「ムサシノモデル」の写真も入れておきました。
 

蒸気機関車を作るその30

 投稿者:タマ  投稿日:2021年11月21日(日)10時12分52秒
返信・引用
   (写真-30)  

 蒸気機関車を作るその29

 投稿者:タマ  投稿日:2021年11月 9日(火)16時38分22秒
返信・引用
  最終回です。立体図、仕上げました。C62型とD51型の大きさ比較するとC62型のボイラーはさすがに でかいです。この62型の模型ですが一度6カ月かけて改良しましたがまだ気に入らない箇所があり一部部品を作り直しをしょうと思っています。
 なめくじ型の右側面写真を披露します。C57の写真も「ムサシノモデル」サイトに出ている同じ角度があるので一枚入れてみました。
当初この「模型 海と空」サイトで鉄道模型コーナーを設けて少し大きめの写真を披露する予定でしたがこのサイトを運営されている山野内さんが今年の初め郊近の新富町に引っ越しされ その移転先で再度HPソフトを立ち上げると不具合が発生して掲示板以外うまく作動しなくなってしまったそうです。ですから画質は今発表している容量が最大となっています。この作り方コーナー最初の頃は容量の少ない写真を出していましたので その時の分は次回少し大きめの写真を披露し再度張り付けたいと思います。
 

模型1

 投稿者:タマ  投稿日:2021年11月 9日(火)16時34分41秒
返信・引用
  写真  

レンタル掲示板
/77